• English
アーメット・オーズカン



作品はこちらです。

アーメット・オーズカンは、豊かな想像から生まれる生き物を複雑に描いたイラストと絵画を制作しています。それはときとして、ダークでユーモアあふれるものであり、また鮮やかでグロテスクなのです。彼の作品は現実と非現実との強烈な対話、それは厳密にいえば、現実と超現実との強烈な対話を反映しています。彼の型破りなスタイルと好奇心あふれる題材は、見事に我々の期待に挑み、彼の作品に、言葉では言い表せないけれども新鮮でオリジナルかつユニバーサルな特徴をもたらしてくれます。

オーズカンは、紙、キャンバス、布、セラミック、木、写真プリントおよびデジタルといった様々な媒体を使用して作品を制作しています。あらゆる材料を使用することによって、彼は作品に多様性をもたらし、彼が引き寄せられるアイディアやフィーリングを最も反映する媒体で作品のキャラクターや題材を表現しようとするのです。オーズカンの作品を形づくるテーマは、超現実の生き物、神話、ホラー映画や夢の世界を含みます。彼のイラスト、絵画、写真および他の作品は日常的な陳腐を否定し、代わりに紙、キャンバスや他の媒体に感情と命を吹き込みます。彼の作品はアブストラクトでありながら、ありがちな物体の形状や描写スタイルにチャレンジし、シャープな色彩、影と広がりを見事に表現しています。

オーズカンはメルスィン、トルコで生まれ、トルコやヨーロッパで数々のグループ展と個展を開催してきました。今日トルコで最も革新的な若手アーティストの一人であると考えられています。2014年1月には、アメリカでの初めての個展を開催しました。